誰でも使用しやすいもの

画面の見やすさを確認しよう

これまでのビジネスフォンは、画面が見にくかったと不満を抱いていた人がいると思います。
買い替える際は問題点をなくせるよう、機種を探してください。
画面が大きくなるとそれに伴って、文字も大きくなるので見やすいです。
若い人は、まだ小さな画面や文字でも見えたでしょう。
ですが人間は年齢を重ねると、視力が低下します。

高齢の人は、小さな画面では誰から電話がかかってきたのか、すぐに判断できないかもしれません。
幅広い世代が活躍する会社では、画面が大きいビジネスフォンが好まれています。
今の社員は若い世代が多くても、これから高齢化して視力が低下します。
画面が大きくて、誰から電話がかかってきたのかすぐわかる状態を作りましょう。

明るくなると見やすい

画面の明るさを、自由に選択できるものがいいですね。
暗い画面は見にくいので、文字が読みにくいです
大きな画面でも、暗い場所では画面を通常よりも明るくしてください。
逆に太陽の光がたくさん差し込んでくるところでは、そこまで明るくしなくてもいいと思います。
窓際にビジネスフォンを設置している場合は、その日の天候によって画面が見やすいか変わります。

周囲の明るさを認知して、自動で画面を明るくしたり暗くしたりしてくれるビジネスフォンだと、毎日画面の明るさを設定しなくていいので便利です。
見やすいビジネスフォンになれば、すぐに電話を取引先にかけられるので効率がよくなるでしょう。
作業スピードを高められるよう、考えましょう。


TOP